札幌中島ライオンズクラブ|SAPPORO NAKAJIMA LIONS CLUB | 331-A 1R2Z

3

What's New

ACTIVITY 献血活動参加【アクティビティ】 札幌中島ライオンズクラブ ※アクティビティ活動※ 【事業委員会・視聴力障害・献血・献眼】 アスカ運輸グループ献血活動参加日付/6月9日(日) 場所/札幌コンベンションセン […]

MEETING 6月第2例会【レディースナイト】(通算第713回) 札幌中島ライオンズクラブ  6月第2例会【レディースナイト】(通算第713回)日付/6月18日(火) ゴング/18時00分 会場/ANAクラウンプラザホ […]

MEETING ライオンズクラブ国際協会331ーA地区第1R第2Z                    札幌中島ライオンズクラブ認証30周年記念式典・祝賀会 ライオンズクラブ国際協会331ーA地区第1R第2Z 札幌中島 […]

2023-2024年度
LCIF理事長ブライアン・シーハン夫妻
東日本公式訪問式典および晩餐会

札幌プリンスホテル 国際館パミール

式典および晩餐会のプログラム

左から、国際財団理事長ブライアンE.シーハン、国際理事 鶴嶋浩二

9月15日、北海道札幌市の札幌プリンスホテル・国際館パミールにて、ライオンズクラブ国際財団(LCIF)のブライアン・シーハン理事長による330~333複合地区(東日本)公式訪問が行われました。
この式典では、東日本のライオンズ会員が約300人出席しました。

シーハン理事長は冒頭「Are you excited to be here? ~ここに来ることに興奮していますか?~」と皆に問いかけ、ペンギンのマスコットをオーディエンスに配るパフォーマンスを魅せました。

そして、今年度パティ・ヒル国際会長が掲げる「Chauging the World ~世界を変える~」のメッセージに触れ、「ライオンズクラブも変化しなければならない、今までとは違うことをしなければならない」と述べられました。

また、今年度スタートした会員増強の取り組み「ミッション1.5」について説明。
現在135万人の世界の会員数を2026-27年度末までに150万人にする目標を達成するには、「皆でやれば出来る(昨年度国際会長として掲げた主要メッセージ)」プロセスとして、①チームを作る、②ビジョンを作る、③目標を立て毎年10億人に奉仕をすることが重要だと述べられました。
また一昨年度、グローバル会員増強アプローチ(GMA)パイロット地区では会員数120%増を果たしたことを報告し、今年度は世界で10%増を目指そうと訴えました。

LCIFがもたらしたインパクトについては、財団創設以来、2万件以上の交付金を提供し、世界中のライオンズは交付金として12億ドル以上を受け取って支援を必要とする人々のために奉仕してきたと説明。その実例として以下の実績を挙げた。

*970万件以上の白内障手術を実施して視力を回復
*2000万人以上の子どもたちにライオンズクエスト・プログラムを提供
*自然災害に襲われた地域社会を支援するために1億4000万ドルを提供
*糖尿病関連の交付金で500万人を超える人々が受益
*5000万人以上の学童に対してサイト・フォー・キッズの眼科ケアを提供

またシーハン理事長は、次のようにLCIFの寄付拡大の目標を示した。
*2022-23年度:新しい戦略を開発
*2023-24年度:年間5250万ドル達成
*2024-25年度:年間5700万ドル達成
*2025-26年度:年間6000万ドル達成

ITの専門家であるシーハン理事長によるプレゼンテーションは、とてもユニークかつパワフルで、飽きさせることなく聴衆を引き付けました。「Make a Great Day!(今日をすばらしい日にしましょう!)」という前向きなメッセージで、講演は終了しました。 

Photo Album



\シェア応援よろしくお願いします/
上部へスクロール